武田塾の変わった授業方法とは?

武田塾の変わった授業方法とは?

武田塾の変わった授業方法に「授業をしない」というものがあります。

武田塾が重点を置くのは生徒自らが行う「自学自習」の時間です。偏差値を上げるためには授業によって「わかる」だけでは十分ではありません。

授業でわかるだけでなく、そのあとに自分で「やってみる」段階が必要であり、それによって「できる」ようになることが大切なのです。

やってみる・できるの段階は、生徒が自らがすすんで自習をすることで達成する必要があります。武田塾では生徒別の自学自習カリキュラムを用意するなど、この自習段階を徹底的にサポートすることに重点を置いています。

授業より、自習を大事にすること。それが武田塾の「授業をしない」という授業方法なのです。

武田塾の変わった講師陣とは?

武田塾の変わった講師陣とは?

授業をしないという事をコンセプトにしている武田塾は講師陣も風変わりです。

武田塾では東京大学や慶應義塾大学などの非常に高学歴かつ超有名な大学に所属している学生がサポートしています。

講師陣の年齢層は非常に若く、現役大学生がほとんどで、受験生の気持ちがよくわかります。

通常の予備校なら問題の内容が分かる所までしかサポートしませんが、こちらの予備校では応用問題まで確実に解ける所までサポートします。

質問があれば講師陣に対して具体的に質問したら、何回でも具体的な解答してもらえます。

こちらの予備校はサービス代金も非常にリーズナブルです。しかも支払い方法も数種類あり、契約時に好きな支払い方法を選ぶ事が可能です。

武田塾の変わったサービスとは?

武田塾の変わったサービスとは?

武田塾の変わったサービスとしては「授業をしない」というところにあり、基本的な考えとして授業は「分かる」だけで、自学自習で「できる」ようにすることをモットーにしています。

集団授業は無駄であると考えて、個人に合わせて最適な内容で完璧になるまで徹底して学んでいき、分からない状態で進むことがないので、確実に実力が身に付いていくのが特徴です。

最初にじっくりとカウンセリングを行っていき、現在の成績・偏差値・得意科目と苦手科目を分析して、志望校合格までに必要な教科ごとの参考書と順番を決めて、1年間の時間配分を行っていきます。

無駄なくできるところか取り組み、できないを減らしていくので自信が付き、頭に入るので合格につながります。