学習塾と予備校の違いって何?

学習塾と予備校の違いって何?

学習塾と予備校は、大きな枠組みで考えると違いはありません。

どちらも学力を挙げるためのサポート機関という位置づけです。

明確な定義はありませんが、学習塾は小学生から中学生を対象としている場合が多く、予備校は高校生や浪人生を対象にしている場合が多いです。

対象年齢が低いことから進路指導にも手厚いのが学習塾で、学力向上に重きをおいているのが予備校とも区別できます。

受験になれていない生徒や親に対して受験パターンを一緒に考えてくれることも多いです。

予備校の場合は、講義をする講師は進路指導は行わず、専門のスタッフが勉強以外の面をサポートしてくれます。

さらに大きく違うのは、学習塾は生徒と講師が双方向で授業に取り組むのに対して、予備校では講師が一方向で授業を行う点にあります。

学習塾や予備校と通信講座はどれが一番いいの?

学習塾や予備校と通信講座はどれが一番いいの?

学習塾や予備校と通信講座はどれが一番いいのでしょうか。まずはそれぞれのメリットをしっかりと把握してください。学習塾や予備校は、先生が大勢の生徒に対して授業を行います。

わからないことがあればその場で質問してもいいのですが、性格的に難しい生徒もいるでしょう。そのような場合は、少人数で授業をしている学校を選んでください。

そのほうが自分の理解力もあがりますし、勉強のモチベーションも上がります。通信講座は、自分のペースで学習を進められるメリットがあります。ちょっとした空き時間を活用しながら自分で学習できます。

それぞれのメリットを比べて、自分にはどれが合っているのかを調べて一番いいものを選ぶのが正解です。

大学受験するなら学習塾や予備校に行くべき?

大学受験するなら学習塾や予備校に行くべき?

大学受験をするときに、予備校や学習塾に行かなければならないかと言うと、そんなことはないとは言えます。

学習塾や予備校に行かなくても立派な大学に合格する人は大勢いるからです。

でも間違いなく、特に現役で合格するためには、予備校や学習塾に行く方が良いということは言えます。

高校も大学受験に向けた情報を収集していますし、それなりの対策も用意しています。

だから、普段の高校での勉強だけでも十分とは言えますが、いかんせん大学受験のプロとしての予備校や学習塾は様々な面でン一日の長があり、だからこそプロとして成り立っているわけです。

そして井の中の蛙のたとえのごとく、狭い世界の中では見えないものもあるので、予備校や学習塾で世の中の動きや全体での中での自分の位置づけなどを自覚するためにも、自分の所属する高校というだけではない方が、プラスになる面が多いということも事実なのです。